Good 住mile Company

Good 住mile Companyについて

【Good 住mile Company】は、「住まいに笑顔」をコンセプトに、 お部屋探し、家探しをしている人々に役立つ不動産や暮らしの情報をお届けするサイトとなっております。意外と知られていない不動産に関する知識や、ちょっとしたアイデアで暮らしの彩りを変えるコラム記事など、皆様の暮らしを応援するべくサイト運営をしていきますので、ぜひご覧ください。

「Good 住mile Company」の記事PICKUP!

フローチャートでチェック
財形住宅融資の窓口は複数ありますが、民間企業勤務、公務員、またはそれぞれの勤め先の制度によって違ってきます。あなたはどの窓口を利用できるのかをここでチェックしておきましょう。財形住宅融資の窓口は自由に選べない財形住宅融資の窓口は複数あり、利用者が自由に選ぶことはできないシステムになっています。まず民間企業勤務なら、勤務先が「事業主転貸融資(財形のお金を勤務先がいったん借りて従業貝に貸し付ける制度)」を導入しているかどうかチェックします。制度があれば勤務先が窓口となりますが、事務手続きが煩雑になることから現在導人企業は全体の1%に満たないようです。というわけで、ほとんど人がチャート上「事業主転貸を導入していない」方へ進むことになります。次に勤務先が「財形住宅金融(財住企)」という福利厚生会社に出資しているかどうかをチェックし、「はい」なら財住金が窓口となります。人事部の福利厚生担当部署に聞くとすぐにわかるはずです。勤務先が財住金に出資していないと、住宅金融公庫が窓口となり、「公庫財形」を利用することになります。公庫ローン(公庫の直接融資)と併せて借りるという条件はなく、公庫財形単独で申し込みができます。公務員の方は、加入の共済組合が転貸融資をしているかどうかが分かれ逆。制度がない場合、公庫が窓口となる点は民間企業勤務の方と同様です。『勤務先が窓口(勤務先が事業主転貸融資を行っている)」に該当する人はほとんどいないのです。「事業主転貸制度」と「共済組合転貸融資」を利用して融資を受けると、転職時には全額一括返済をしなくてはなりませんから注意が必要です。その点、財住金や公庫が窓口の場合は、会社を辞めても一括返済の義務がなく、それまで通り毎月返済を続けることができます。

最新更新記事

平成27年8月5日新着!
フローチャートでチェック
平成27年8月4日PICKUP
家計も決算書を作って改善点を見つけよう
平成27年8月3日更新
管理組合の債務と区分所有者の責任
平成27年8月2日最新情報
管理組合の第三者との取引
平成27年8月1日NEWS
収益金の生活

住宅ローンメンテナンスの第一歩「家計の見直し」

ローンを組んだ「後」の話、いわゆるローンメンテナンスについて、その方法や注意点をご説明したいと思います。住宅ローンは一度組んだら「終わり」ではありません。全額、返済して初めて「終わり」になります。それだけに、しっかりとメンテナンス方法を身に付けておきましょう。まず、住宅ローンをメンテナンスするにあたり最初に実践してほしいのが、ご自身の家計を見直すという作業です。家計を見直すとは、「収入が安定しているか」「無駄な支出をしていないかどうか」の確認作業のことです。たとえば、繰り上げ返済を行うとした際、当然、手元に繰り上げる返済資金(原資)がなければなりません。無駄遣い(どんぶり勘定)ばかりしていて預貯金がゼロでは、繰り上げ返済できるはずもありません。また、将来の収入予測ができなければ、毎月あるいはボーナス返済額の変更なども不可能でしょう。要は、「現在の家計収支」だけではなく、「将来の家計収支』までも見積ることができるか?この点が重要となるのです。収入と支出のバランスがとれていなければ、継続的に住宅ローンの返済と並行して貯金はできません。「気がついたら100万円貯まっていた」のではなく、「繰り上げ返済するために、毎月、一定額を積み立てた」かどうかがポイントとなります。「家計管理の裏付けなくしてローンメンテナンスは成功しない」まずは、この点を忘れないようにしましょう。

住宅ローン「借り換え」に向いている人とは?

住宅ローンの借り換えは、どのような人に適しているのかか考えてみます。当初3%で借りた住宅ローンを一定期間経過後に2%のローンに借り換えた場合のシミュレーションをします。たとえば30年返済でローンを組み、5年間返済して残期間が25年になったとします。その時点での借入残高がちょうど2、500万円だったとすると、金利2%(金利差1%)の住宅ローンに借り換えることによって、毎月返済額は1万2,589円(ボーナス返済はなし)、総返済額は約377万円軽減されることになります。分譲マンションにお住まいの方であれば、管理費相当額が毎月、削減される計算です。驚きの数字ですね。住宅ローンは非常に長期に渡った返済期間の借金です。そのため、“たかが”金利差1%、“されど”金利差1%。借り換えの威力は効果的面なのです。さらに、「金利差0.5%」と「金利差2%」でシミュレーションします。借入残高3、000万円と同2、500万円だけの試算ですが、金利差1%と比べた場合、金利差が半減(0.5%)すると、その軽減効果も半減。逆に、金利差が2倍(同2%)になると、その効果も2倍近くになるのです。その上、借入残高が多ければ多いほど、また、残期間が長ければ長いほど、借り換えの軽減効果が高くなります。借り換えはローンメンテナンスの主力となり得る素質を備えているのです。ただし、借り換えには手数料がかかります。「費用」対「効果」を考慮せずして、借り換えは成功しないのです。そう考えると、借り換えに向く人とは、15年程度の残期間がある、あるいは、1、000万円程度の借入残高があることが1つの条件となります。毎月返済額と総返済額を軽減し、同時に借り換え手数料も減らせるかどうかがポイントですね。

おすすめの記事!

おすすめ記事! おすすめ度 説明!
浪速区の賃貸に住んでいると ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 浪速区

このページの先頭へ